ベストケンコーの公式ホームページ

ベストケンコーでは、海外の医薬品を個人輸入することが出来ます。公式ホームページにアクセスして、商品を探し出して注文するだけです。公式ホームページにはたくさんの種類の商品が取り扱われています。

 

カテゴリーごとに商品がわけられているので、どのようなジャンルのものがほしいのかが決まっているのなら、ジャンル別から商品を探し出すといいでしょう。そうすることで、ベストケンコーで取り扱われている商品を絞り込んで探し出すことが出来るからです。

 

また、ほしい商品の類似品を知ることが出来るので、今使用しているものよりもよりピッタリの商品を知ることのきっかけになることもあるでしょう。

 

また、新商品が出たことも知ることが出来るかもしれません。ベストケンコーの公式ホームページでは、会員登録をすることで、メールマガジンを購読することが出来るようになりなす。

ベストケンコーでは、様ざまな商品があるので、最初のうちは目移りすることもあるかもしれませんが、ジャンルによっては、抱き合わせのセット商品が用意されているので、それなら、たくさんの種類を試すことができるので、どれが一番ぴったりの商品化を比べることができるでしょう。

 

最終的には、一番ぴったりの商品だけを使用するのがいいかもしれません。様々な成分を体内に入れてしまうと、体内で反応をすることがあるかもしれないかです。

 

このように、医薬品の個人輸入をするときには、気を付けなければいけないことがたくさんあります。ベストケンコーでも同じことが言えるので、利用される時には商品を注文間違いなどをしないように、細心の注意を払うようにしましょう。

 

ベストケンコーでは、注文者の都合での返品には取り扱ってはくれません。商品間違いや、輸送の際の変質の際にのみ、ベストケンコー側からの、商品の再送や返品の手続きを行ってくれます。

 

ネットから簡単に海外の商品を個人輸入することができるベストケンコーを利用される日本人の方もとても増えてきています。個人輸入は日本政府でも、うまく活用してもらえることで、医療費負担を軽減することが出い、ましてや日本の財政を一番圧迫している医療費の軽減策として、何とか活性化することができないかと議論されているようです。

 

個人輸入の活性化のための政策が施行されれば、ベストケンコーももっと利用しやすくなっていくのかもしれませんね。

個人輸入の注意点

個人輸入をこれから始めようと考えている方のために、個人輸入を行う上での注意点を紹介します。法律などを詳しく知っている人なら、個人輸入のメリットデメリットをよく理解して利用していると思いますが、そのような方ばかりではなく、ベストケンコーを利用している人も、個人輸入の注意点に費えは、熟知していない人が少なからずいるようです。

 

一番気を付けなければいけないのが、商品の取り扱いについてです。購入した商品は、ご自身で使用するのが個人輸入の決まりです。これは、個人輸入で購入した商品について起こった損害は、すべて注文者が責任をもって解決する義務があり、注文確定後にその義務が発生します。

 

そのために購入した商品を他人に譲ったり、ましては金銭で取引することは法律違反になります。また、医師免許など取り扱いの資格を持っている人はこの限りではありません。

 

それ以外には、一度の注文でできる量に制限があります。これは、たくさん購入して転売することを防ぐ目的で作られています。国内で販売されているよりも安い価格で購入できる個人輸入では、毎年何件かこの決まりを破る人がいるようです。社会が不景気のため簡単に儲けられると考えるかもしれませんが、もしも転売した方がその商品によって副作用が出た場合には、個人輸入の注文者が責任を取ることになるのです。

ベストケンコーのペットの薬

今まで人間の医薬品ばかり取り扱っていたベストケンコーですが2017年のあたりから、ペットの医薬品も取り扱うようになりました。ベストケンコーで以前から行われていた「複数購入で割引」と言ったシステムも、ペットの薬で受け継いでいくようです。

 

そのために、ベストケンコーで購入の際に飼っているペットの医薬品も注文する人が出始めてきたようです。もちろん取り扱っている医薬品もすべてメーカーに直接注文するので、仲介が入ることなく安い価格で購入できるのがうれしいですね。

 

ペットの薬を知らない人にとっては、違和感を覚えるかもしれませんが、ペットの医療業界も日本では活発になってきています。ペットの薬はもちろんのこと、ペットの保険等も充実してきており、今までは番犬の用途であったペットも、最近では家族の一員という地位までになってきています。

 

ベストケンコーは海外の医薬品の個人輸入の注文を代行してくれるので、購入者は手間をかけることなく、簡単な手続きだけで海外の医薬品を手に入れることができるようになりました。

 

これからはTPPなどが絡んでくるので、ベストケンコー自体がどのように変化するのかわかりませんが、異様費を節約できると私自身はとても助かっているので、今後も人間の医薬品もペットの医薬品も数多く取り扱ってもらいたいと考えています。


更新履歴